注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。




□「返品種別」について詳しく□
2005年12月 発売

メーカー保証期間 1年

劇場やホールなどの設備音響の用途に最適なパワーアンプリファイアー
家庭用のホームシアターにも人気のモデル! !
●2系統のソースを独立して駆動するSTEREOモード、モノラルソースを2系統で駆動するPARALLELモード、2つの内蔵アンプを1台のモノアンプとしてハイパワー駆動するBRIDGEモードの3つのモードを装備、様々な用途に柔軟に対応。XPシリーズは環境に配慮した設計が施されており、鉛を使用しない鉛フリーパーツで構成
●パーツの厳選、音質重視設計、振動対策などによる卓越した音質
音質を重視したパーツの厳選や回路設計、さらにヤマハパワーアンプリファイアーの最上位モデル「PC-1Nシリーズ」の開発で培った振動防止対策の継承などにより、上位モデルに迫る卓越した高音質を実現。特に中音域の豊潤さと安定感、スピーチやボーカルにおける高い解像度に特長
●ヤマハ独自の最新高能率アンプ駆動技術、EEEngineを採用
ヤマハ独自の高効率アンプ駆動技術「EEEngine」により、クラスAB駆動のアンプに匹敵するクリアな高音質とクラスD駆動のアンプに匹敵する省電力を両立。省電力はアンプ内部の発熱量の低減にも貢献し、シャーシの小型・軽量化、信頼性の向上にも貢献
●軽量・2Uサイズのコンパクト設計
スイッチング電源を採用し、小型ながら大出力を実現。2Uサイズの画期的な小型軽量化に成功。軽量化はSRでの使用でも大きなメリット
●設備用途に最適な豊富な端子と機能
入力部にはXLRコネクターとユーロブロックの2種類を、また出力部にはスピコン端子と5ウェイバインディングポストの2種類を用意、設備用途に適した豊富な入出力端子を装備、70Vライン(ステレオ)に対応しており、多数のスピーカーを駆動できるハイインピーダンス接続に対応
●1dBステップのアッテネーターとカットオフ周波数可変のHPFを搭載
フロントパネルに1dBステップのアッテネーターを装備。さらに不要な低域をカットするHPF(ハイパスフィルター)を搭載。カットオフ周波数も20Hzと55Hzから選択可能
・連続出力:20Hz-20kHz THD+N=0.1%・(8Ω)50W+500W、(4Ω)700W+700W、(8Ω)BRIDGE/1400W
・S/N比:(20Hz-20kHz)103dB
・待機消費電力:35W
・1/8消費電力: (4Ω/Pink noise)500W
・Power Bandwidth:(half power THD+N=0.5%) 10Hz-40kHz
・全高調波歪率:20Hz-20kHz half power 0.1%
・混変調歪率:60Hz: 7kHz 4:1 half power 0.1%
・周波数特性:(RL=8Ω Po=1WHPF=OFF) MAX 0dB TYP 0dB MIN -1dB
・チャンネルセパレーション:70dB
・残留ノイズ:(20Hz-20kHz) -70dB
・ダンピングファクター:8Ω f=1kHz 350
・最大電圧利得: 32dB/26dB/+4dBu(GAIN SELECT SW)
・最大入力電圧: +22dBu
・入力インピーダンス: 20kΩ(balance) 10kΩ(unbalance)
・入力端子:XLRx1系統
・寸法(W x H x D): 480 x 88 x 456 mm
・重量:14kg
ヤマハ


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)。

 
閉じる

オススメコンテンツ PICK UP CONTENTS

 

Copyright ©2000- 2015 公式の店舗 XP-7000 ヤマハ [XP7000]【返品種別B】 Series XP YAMAHA PRO設備用パワーアンプ-PAシステム. All Rights Reserved. <a href=JBL PRX415M (2-Wayフルレンジ・スピーカー)。 ">